たっぷり無料試し読みネタばれ「おはようおかえり」鳥飼茜あらすじ感想「先生の白い嘘」

おはようおかえり

おはようおかえり 鳥飼茜

鳥飼茜さんといえば

「先生の白い嘘」が度はまりしている僕

こちらも面白いので併読最中なんだよ。

>>「おはようおかえり」読んでみる

*「おはようおかえり」と検索すると出てきますよん

 

「おはようおかえり」のあらすじ | ストーリー

都の恋路、上ル下ル。仕事の路地(ろおじ)、いったりきたり。――堂本一保(どうもと・かずほ)・社会人3年目、25歳。きれいな(だけどこき使う)姉2人、かわいい(けど貪欲な)年下彼女に囲まれて、むっちゃええ日々、過ごしてます。京(みやこ)の恋はちょっと濃いめ。鴨川沿いでケンカして……川端通で出会って……木屋町で飲んだくれ……市役所付近で心惹かれ……読むと京都に行きたくなる!

 

コメントを残す